引越しはやっぱり専門の業者でしょ

素人の引越しとプロの引越し、もちろん全然違います。

引越しは生活見直しのスタート地点

引越しはいろんな面において、これまでの生活を見直す大きなチャンスです。
引越し業者、特に現場で働く百戦錬磨の作業スタッフは、ベテランともなれば、数え切れないほどの場数を踏んでいます。
引越しというイベントを通じ、いろんな家屋や部屋、生活スタイルを垣間見た、引越し業者の観察眼は時に私達をはっとさせます。
そんな現場スタッフが指摘する法則をご紹介します。
まず、収納家具より生活用品が圧倒的に多い家庭があります。
このような家では、まず物が収納しきれないため、家の中が恒常的に雑多な、落ち着つかない空間になっています。
この様な家では家族に影響が及ぶのか、子供さんや夫婦のどちらか、または双方ともに妙にセカセカしたり安定感をかくような態度が見られるそうです。
心当たりがある場合は、引越しを気にプチ断捨離を心がけてはどうでしょうか。
使わないけれど家の中に存在する不要なものは、引越しを機に処分してしまうのです。
具体的には、近くのリサイクルショップへ纏めて売却するという方法です。
通常、部品の在庫保有期間を10年間設けている家電製品などは、期間内であれば買取をしてくれます。
また、家具や生活用品、衣類なども使えるものであれば買い取ってもらえます。
飽きてしまった音楽CDやDVD,ゲームソフトなどは喜んで買い取ってくれます。
子供達にも提案し、不要な物を減らす機会にしてしまいましょう。
こうすれば、引越し業者へ依頼する荷物も減り、結果的に引越し料金の節約になります。
また、売却で得た臨時収入を新天地で有益に使うこともでき、一挙両得です。