引越しはやっぱり専門の業者でしょ

素人の引越しとプロの引越し、もちろん全然違います。

引っ越し料金の仕組みを知っておこう

引っ越しする時見積もりを取りますが、金額にばかり目が行って中身のサービスはどうなのかおろそかにしてはいけません。
引越し業者によって見積りに入れる範囲が違うし、オプションも違ってきます。
引っ越し料金はどのような仕組みになっているのかを知っておくと、見積を比較する場合便利です。
引っ越し料金は、運賃と荷造りなどの実費、そして特別なものを移動する際のオプション、の3つに分かれています。
運賃は、車両人ドライバーに人件費で、車両費に関しては引っ越しの規模によって使用する積載量が異なります。
おおよその目安として、1DKなら2トン車、2DKは4トン車、3DK以上は4トン社以上と言うのが大体の目安です。
1DKで2トンと言うと少しスペースを余してしまいそうですが、これ以下の車を使っても料金はさほど変わりはしないでしょう。
それよりも複数の引っ越しを相乗りさせて料金を安くした方が得策です。
実費は、荷造りする人の人件費や段ボール代などの資材費、高速料金など実際かかるコストをはじきだします。
これはある程度、段ボールに詰めておいて作業員の数を減らすとしたらかなりのコストダウンになるでしょう。
そしてオプションですが、代表例がピアノの搬入搬出です。
これは、手慣れた人がやることがい番良いと思います。
もし高いピアノであれば別個の搬入搬出の業者を頼む場合もあります。
見積は価格だけでなく、どこまでその見積もりにサービスが含まれているか確認することが大事です。
それを怠ると、オプションの金額だけが増えていくことになってしまいます。