引越しはやっぱり専門の業者でしょ

素人の引越しとプロの引越し、もちろん全然違います。

引越し業者さん次第で引越しの気分もかわる

私は人生で2度引越しをしましたが、引越し業者さんが元気で明るいと、本当に引越しが楽しくなるなぁ、と思ったことがあります。
見積もりに来てくれた営業さんが、まずとても笑顔ではきはきしていて、ダラダラしていると私達に迷惑がかるだろうと、短時間でさっさと効率よく部屋を回って、さっさと見積もりを出してくれ、さらに、少しでも費用が安くなるような提案などもしてくれました。
提案といっても、不要なものは極力、オークションやリサイクルやさんに出して、大型荷物は減らしたほうが安い、とか、できるだけ自分達で梱包したほうが、当日の作業が早くなっていい、といった事でした。
私は大型家具はなかったのですが、こまごまとした本などが多かったので、「それを全部新居にもっていくと、ダンボールだけでもかなりの量になりますね」といわれ、ダンボール節約のためにも、本は処分しておいたほうがいいな、と気づきました。
多分言われなかったら、機械的に、手持ちの本全てを新居に持っていっていたと思います。
この一言だけでもかなり助かりました。
当日に作業に来てくれた作業員さんも、見積もりに来てくれた営業さん同様に、笑顔でてきぱきと作業してくださり、その働きぶりをみているだけでも、新しい生活が始まる、という感じがしました。
活気ある引越し業者さんをお願いすると、こちらのモチベーションまで上がります。
てきぱき仕事をするって、見ているほうもとても気分がいいし、作業員さんとしても、「やったー!」という達成感があるのだろうな、と思いました。