引越しはやっぱり専門の業者でしょ

素人の引越しとプロの引越し、もちろん全然違います。

海外引越し料金が高いワケ

海外への引越し料金は、ビックリするほど高いです。
なぜ高いのか?、その理由がわかれば安くする方法が見えてくるはずです。
国内運送と比較して、その内容を確認してみましょう。
まず荷物の到着時間に大きな差があります。
国内の場合は、通常は当日中に、遠い場合でも翌日には搬送が終わります。
海外の場合は、コストの面から船便で搬送することが一般的です。
搬送先の国の港に到着した後も、関税や検疫のチェックのためにしばらく留め置かれます。
例えばアメリカへ搬送する場合は、新居へ届くまで2ヶ月程度かかると思ってください。
また荷物の取り扱いも全く異なります。
国内では、トラックへの積み込みは一度だけです。
海外の場合は、トラックから港の倉庫、倉庫から船のコンテナ、コンテナから倉庫、倉庫からトラック、トラックから列車、、、といった具合に、新居へ到着するまでに何度も積み替えが行われることになります。
これだけの積み替えが行われるわけですから、通常の梱包では内容物が破損したり、場合によっては箱を開梱して盗難される可能性もでてくるのです。
このような荷物の取り扱いに対応するため、引越し業者は厳重な梱包を施します。
海外の場合、最初から梱包費用がパッケージとして組み込まれていますが、それにはこのような背景があるのです。
このように国内と海外では、搬送事情が全く異なることが理解できると思います。
料金が高くなることは仕方のない部分がありますが、荷物を減らしたり、壊れやすいモノ、高価なモノは送らないなど、節約する方法はあると思います。